『TPP』簡単に言うと環太平洋戦略的経済連携協定の頭文字を取ったものになります。※英語では「Trans-Pacific Partnership」です。今回は、その意味するところについて考えてみましょうね。『環太平洋』加盟国間での貿易障壁をなくす為その方向で検討が進められています。このことが各国に、影響を与えているようですね。どのような影響があるのでしょうか。

国には、「経済制度」や「基準」などがあります。それは、それぞれの国独自で決めています。そのため少しずつ違っていると言えます。それが現状です。輸出、輸入をする時は、相手国の制度に合わせておかなければいけません。(汗)『貿易関税』これは輸入国が自国の産業を保護するために、輸入品に対して税金をかけることを意味します。言い換えると、つまり、外国の商品は国内品より高くなると言った仕組みです。(汗)

しかし、その国内の経済を担っているのは、国内の生産者になります。海外の安い商品が入れば、国内の産業は廃れていきます。それで心配されています。政治家の中では、賛否両論で議論がなされています。本当の所、TPPによりどのように変わるのかと言うことですが、一般の人には良くわからないと言うことです。そんなことなのでインターネットなどで調べてみると良いですね。(笑顔)。