住宅ローン借り換えの担保価値とは?

住宅は築年数が経過するほどに、評価は下がっていきます。
そこへ追い打ちをかけるように、長年続く不景気で土地の価格も下落しています。
たとえば、10年前に購入した物件が3,000万円だったのに対して現在の評価額が1,500万円というように、その下落状況は驚くほどです。
しかし、そんな状況でもローン残高は2,000万円も残っているような場合では、その物件を担保にして融資を受ても500万円の赤字が出てしまいます。
このようなケースを「担保割れ」と言い、長年続く不動産価格の下落で、このような状況になっている住宅ローンは多いようです。
これでは、住宅ローンの借り換えどころではありません。
一方で、金融機関も融資をしなければ利益が出ませんから、借り手の勤続年数や年収などを厳しく審査することで担保となる不動産の評価額以上の融資を行う傾向に変わりつつあります。